呑山観音寺(のみやまかんのんじ)

  • 口コミ数0
  • 過去30日間のアクセス39
呑山観音寺
宗派 高野山真言宗
本尊 千手観音菩薩(秘仏)
住所 〒 811-2403
福岡県糟屋郡篠栗町萩尾227-4
TEL 092-947-4423
FAX 092-947-1771
URL
入場情報 /
拝観時間: 午前6時~午後5時
祈願・供養受付時間: 午前9時~午後4時
  (本堂内陣にて直接おはらいを受けられます)
駐車場: 無料(200台駐車可能)/<\/div>/

sponsored links

寺社の最新情報

平成27年 春季大祭 「七福星まつり」
 
 
 
 七福星まつり(しちふくほしまつり)は
呑山観音寺の春季大祭、 厄除け祈願のおまつりです。

星まつりとは、弘法大師によって伝えられた仏教(真言密教)独自の東洋占星術による‘厄祓い’です。
「宿曜経」というお経にもとづいて、各人一人ひとりの生まれ星と平成27年の当たり星とにより
一年の運勢を占い、「当年星供」と「北斗護摩供」との秘法により厄災消除、開運招福を ご祈願いたします。

特に厄年や黒星凶年に当たる方、未年生まれの方には
お一人ずつ当山に伝わる秘法「牛王寶印加持」(ごおうほういんかじ)
によるおはらいをおすすめいたします。

無事成長特別祈祷をお申込みのお子様には「牛王寶印加持」により、
厄除けと併せて無事成長、学業上達をお祈りいたします。


場外の特設ステージでは七福神が舞い踊り、
年男、年女とともに「福餅、福豆、七福宝銭まき」を行います。
その他、若宮司書太鼓による奉納和太鼓の演奏や、
大道芸や、エイサー演舞、お福分け抽選会など、
楽しい催し物がたくさんあります。


七福神が僧侶、年男、年女と共に参道を練り歩く「七福神行列」や、
子供たちと一緒に歩く「七福稚児行列」も見どころの一つです。
 
 
七福星まつり特設サイト


◆日時
 
 
 
平成27年3月8日(日) 
午前10時より
(法会開始時間 午前10時30分)
◆場所 呑山観音寺 天王院本堂・境内特設舞台
◆法会 当年星供と北斗護摩供、牛王加持祈祷大法要 
◆催事 七福宝銭・福餅・福豆まき、 七福神行列、稚児行列 
和太鼓奉納、お福分け抽選会、 にぎやかし等

恋愛  お金・開運  仕事・学問  健康  供養  家族・子供  厄除け 

只今、情報が登録されていません。

/
呑山観音寺は福岡県糟屋郡篠栗町の鉾立山の麓にある高野山真言宗別格本山です。
秘仏千手観音菩薩を本尊とし、篠栗八十八か所霊場の第16番札所となっています。
塔頭(たっちゅう:小寺のこと)の天王院は浪切不動明王を本尊とし、篠栗霊場第36番札所となっています。
お遍路さんにとって、第1日目の遍路道の終着点、難所とされ、八十八か所の関所といわれています。
山号は鉾立山で、正式には鉾立山呑山観音寺といいますが、お遍路さん、参拝者からは「のみやまさん」という愛称で呼ばれています。

昔から霊験あらたかな祈願のお寺として広く知られ、心願成就、厄除け祈願などのために多くの人々が訪れます。
現在も変わらず毎朝6時からの護摩祈祷、毎日の御宝前加持祈祷が行われ、多くの人が祈りを捧げています。

広大な境内には本堂のほか、天王院、百観音堂、大師堂、愛染堂、阿弥陀堂、極楽往生院、七福神堂、
講堂(信徒会館)、稲荷明神社、天神・淡島明神社、高野四社明神社など多くのお堂が建立されています。

また、桜、コブシ、レンギョウ、アジサイ、モミジ、ドウダンツツジなどが季節ごとに境内を彩り、参拝に訪れた人々を楽しませています。
特に秋の紅葉は素晴らしく、千本のモミジが真っ赤に染まり、秋の深まりを感じさせてくれます。
春季大祭  厄除け 「七福星まつり」
夏季大祭  先祖・水子供養 「精霊まつり」
秋季大祭  「本尊千手観音御開帳大法会」
冬季大祭  「八千枚護摩供大行」/<\/div>/

寺社からのメッセージ

只今、情報が登録されていません。

写真ギャラリー
ただいまギャラリーはありません。

写真をもっと見る