鳳仙寺

  • 口コミ数0
  • 過去30日間のアクセス13
鳳仙寺
宗派 曹洞宗
住所 〒 376-0601
群馬県桐生市梅田町1-58
TEL 0277-32-1177
FAX 0277-40-6000
URL

sponsored links

寺社の最新情報

只今、情報が登録されていません。

お金・開運  供養  厄除け 

鳳仙寺の概略  戦国末期から現在まで法灯が維持されております。  寺域は、周囲を豊かな自然に抱かれて四季おりおりのたたずまいの中、静寂閑雅な緑陰の別天地が形成され、唐人白山の『鳳凰飛舞仙人遊楽之霊地也』から、寺号を『鳳仙寺』とし、瑞兆の帰結から山号を『桐生山』とされました。  天正2年(1574年)桐生城主由良成繁公は、名田百石余と共に、勅使門の備わった伽藍を創建し、自らの菩堤所として『桐生山鳳仙寺』が開山されました。  開山さまは、朝廷より賜わった勅賜号・禅師号を冠する高僧であり、2世黙之宗禅師は、後年「室中の法宝」と驚嘆される「夢中問答」や能筆な墨蹟で知られる学徳兼備の傑僧であり、3世大円門鶴大和尚は、学僧として高名で大本山永平寺20世の住持に晋山されました。この頃の鳳仙寺では、常に40人余の雲水が参禅修学し教導を受ける一大道場でありました。16世乙堂喚丑禅師は、鳳仙寺版正法眼蔵を始め、宗門史上貴重な教義を数多く残し宗学の師として仰がれ大本山總持寺住持に晋住されました。25世穆山瑾英禅師は、大本山總持寺独住第3世に晋住されるなど、多くの名僧を輩出しております。

厄除け〈1月1日から5日〉     ◆お施食供養〈4月29日〉 ◆秋葉三尺坊大祭〈10月16日〉 ◆三仏忌 降誕会とツツジ祭り・成道会・涅槃会 ◆坐禅と朝粥の会〈毎月一日・正月以外〉 ◆鳳仙寺写経の会〈春・秋彼岸〉 ◆御詠歌〈月2回〉 ◆華道〈月2回〉 ◆お習字〈月3回〉

寺社からのメッセージ

只今、情報が登録されていません。

写真ギャラリー