寺社の基礎知識

厄年って種類があるの??

皆さんは「厄年」って耳にした事ありますよね!!

どうやら、良くない年らしいっていう認識はあるんですが、実際のところはなぜ「厄」なのでしょうか?

そんな、「厄年」について今回はたっぷり説明しちゃいます!!

◆厄年とは・・・災難がかかってきやすい年齢。

まず、気になる厄年(本厄)の年齢から~。

・男性 25歳、42歳、61歳。
・女性 19歳、33歳、37歳。

そして、本厄の前後の年齢は前厄、後厄といいこちらも良くない年と言われています。

厄年の意味には諸説あり、
これらの年齢は人生の曲がり角でもあり、身内に不幸が起こりやすく、また身体的にも変化が大きい年齢のために凶事や災難をに遭遇しやすいとの事です。

神社の基礎知識

肝心の厄落としの方法は??

厄除け祈願の参拝をするとしたら、前厄の段階で行うのが理想的です。

参拝日は前年の大晦日、その年の初め、節分のいずれかに設定するのが一番のようです。

神職による厄落としのお祓いを希望する場合には、当日受付可能か確認しておきましょう。

男性だったらスーツにベスト、女性もスーツなどの服装がお勧めで、不潔な格好はNGです(神様は不浄を嫌います)
特に和服でなくとも大丈夫ですよ~。

ちなみに地方によっては神社参拝後に、
櫛・手拭など身の回りの小さな品をわざと落とし厄を一緒に落とすと言う風習があります。

なんだか冗談みたいでかわいいですね。

神社の基礎知識

一覧に戻る