お寺・神社の基礎知識

お布施について

お布施っていくらくらいでいいの??

いまもって人々を悩ませ、それこそ煩悩の一因になって いまいか、といいたくなるのがお布施です。

この布施という言葉は梵語からきていて、
語源は「ダーナ」といいます。

もともと、お布施、というお言葉は、広く他人に施しをする、 という意味です。
今では、お坊さんへのいわゆる「お布施」という一面ももつように なっています。


法要や葬儀はいかほど??

お布施のアンケート調査をみてみると、法要のお布施の場合、
まず大雑把に、およそ七割の人が一万~五万円のあいだの金額になっている。

ただ法要といってもいろいろいろあり、四十九日法要については
三万円から万円と高めになっています。
一周忌以降になると、一万から三万円とやすくなる傾向がみられるようです。

いっぽう、通夜や葬式のお布施となると三十万から五十万円と、額が高くなるようです。

やっぱり「お気持ち」

最近は、明朗会計なお寺も増えているようです。
しかし、お寺さんにお布施の額を聞き、その内容を支払うというものです。

ですが、これは、あまりおすすめ できません。
これを証明したデータがあります。
お寺から相場をいわれた人の場合、じつに六割以上が「高かった」 と感じている場合が多いのです。

お布施は気持ちなので、自分で決めるのが賢明ではないでしょうか。

一覧に戻る