お寺・神社の基礎知識

お焼香について

焼香の作法は宗派で違うの?

お寺にいくとよく焚かれている香。お寺に香はつきものですが、 お釈迦様の時代から、すでに香を焚く習慣があったといわれています。
仏教では、香気は仏の使いとされ、仏前を清めるという意味をもちます。
葬儀で参列者ひとりひとりが焼香するのも、そうした清めと故人への哀悼の気持ちを示すためです。


焼香の基本作法について

焼香の基本作法は次のとおりです。

1.焼香台の前へ進み出たら、遺族に一礼し、祭壇に向かって一礼。
2.合掌して低頭
3.親指と人差し指、中指で抹香をつまむ
4.そのままつまんだ抹香を額にいただく(浄土真宗ではおこなわない)
5.抹香を香炉にくべる
6.再び合掌して低頭
7.遺族に一礼して退く

なお、焼香の回数は宗派によって1~3回と異なります。

宗派で作法が違う理由

なお、焼香の回数は宗派によって違うのは、理由があるのです。
天台宗や真言宗のように焼香を三回行うのは、仏・法・僧の「三宝」への 気持ちを表す意味があるほか、「三毒」といわれる三つの煩悩(貪欲、怒り、迷い) を取り除く意味があるといわれています。

真言宗では、身・口・意の三密修行への精進といった意味もこめられています。
抹香を額にいただくしぐさは故人への供養の気持ちを表すものですが、 自らの功徳を他者にほどこす回向を認めていない浄土真宗では、抹香を 額にいただくことはしないきまりになっています。

一覧に戻る