お寺・神社の基礎知識

法要の起源

四十九日の法要が重視されるのはなぜ??

初七日、四十九日、百火日、一周忌、三回忌、七回忌、 十三回忌、三十三回忌・・・。

たくさんの法要があるなかで、もっとも重要なのは四十九日であるといわれています。

故人がなくなって四十九日間は一般に「忌中」とされますが、 仏教ではこの間を中陰あるいは中有といいます。
この間、死者の霊はまだ成仏しておらず、 さまよっているとされています。
そこで、無事に成仏することを願って法要を営むわけなのです。 この四十九日を死者にとって重要な考えと起源は、日本に仏教を伝えた中国を越えて、仏教発祥のインドまで さかのぼります。

インドでは輪廻転生の思想により、死者は天界か人間界か修羅界か畜生界か 餓鬼界か、はたまた地獄界かそのいずれかに再び生まれ変わるといわれています。
その生まれ変わり先が決まる審判期間なのです。

年忌法要の起源は?

四十九日のあとは百火日法要、さらに一周忌、 三周忌と続きます。
これらは、中国で加えられたもののようです。 そのあとさらに、七回忌、十三回忌、三十三回忌とつづく のは日本のオリジナルです。

これは室町時代からの十三信仰にしたがって法要が 営まれるようになりました。
さらに、その後、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌が加えられ現在にいたっています。
このように日本では年忌がどんどん増えているんですね~~。

一覧に戻る