お寺・神社の基礎知識

お葬式とお寺

昔は遺棄葬だった?

日本ではいわゆる冠婚葬祭のなかで「婚」はキリスト教が、「葬」は仏教がうけもつ という図式が出来上がっています。 いっぽう、神社は専ら、よろず頼まれごとの祈願窓口として機能していて、 神式の結婚式や葬式をあげる人は少ないですよね。
葬の部分は仏教が引き受けている形になるが、 ではなぜお葬式はお寺というパターンが確立されたのでしょうか?
これは、そもそも日本古来の宗教である神道が死者に対して冷淡だったことに 起因するのです。

古くから日本人は死者を穢れとして忌み嫌い、死者のたたりを恐れました。

そのため、人が死ぬと、死体を自分たちの日常生活から遠い山中などに運び、 そこに放置しました。

日本では古代の墓もたくさん見つかっているので、当時から きちんと死者を埋葬する習慣があったといえば、そうなのですが、 そこで手厚く葬られているのは、一部の王族や華族に限られるのです。

圧倒的多数の一般人は死ぬと、山中などに埋葬されたということはご存知ですか??
日本古来の葬りスタイルをあえて名づけるとしたら 「遺棄葬」でしょう。

これが、変わりはじめるのは、日本に仏教が入ってきてからのことになるのです。

仏教は死体を恐れない?

仏教においては死体は恐れの対象ではありませんでした。

なぜなら、この世のものはすべて、「地・水・火・風」の四元素から できていて、人間の体が死ぬと、この四つに分解されて自然に 戻るにすぎないと仏教では考えられているためです。
つまり、われわれの肉体はたまたま縁あって、この世に形作られた ものにすぎず、その役割を終えたら、また自然に戻るだけなので、 恐れの対象にはならないのです。

そのため、お寺が墓地をつくって死者を葬るという役割を担うことになったのである。
お寺には墓地がつきものなのに、神社には墓地がないのは、こういう背景があるからなのです。

一覧に戻る