お寺・神社の基礎知識

お寺の起源と由来

お寺さんって何でしょう?

町や観光地で当たり前に見ているお寺さんですが、皆さんはその歴史をどれくらいご存知でしょうか?
今回はその歴史を簡単にですが、紐解いてみたいと思います!

お寺の基礎知識

お寺さんは外国からやってきたものだった!

日本の伝統的な風景にかかせないお寺と神社ですが、 神社とは違い、お寺は日本発祥のものではなく外国からやってきたもの いうことはご存知でしたか?

もともと仏教はインドの釈迦によって紀元前5世紀ごろに はじめられた教えであり、よってお寺の起源もインドにあるのですが、 このころには私たちが考えているお寺は存在していませんでした。

そこには塔や仏殿などはなく、仏像やお経すらありませんでした。

やがて、仏教が広まっていき、開祖の釈迦はしだいに神格化されてくると、 その遺骨を納めた仏塔への崇拝も広がっていきました。

そして、サンガ(修行の場)にも仏塔が作られるようになり、修行にも仏塔礼拝が 組み込まれるようになりました。

やがてヘレニズムの影響で仏像が造られだすと、 これを礼拝することが修行の重要な要素になっていったのです。

中国や日本では、まず権力者の信仰として受け入れられたことで 立派な建物や仏像が建てられるようになりました。

塔は天を突くような高さになり、僧の住む建物も立派に作られました。

こうして修行者の共同生活場であったサンガは、東大寺や法隆寺のような寺院に変貌したんです。

お寺の基礎知識

お墓はお寺さんにとっては異質なものだった?

ごく簡単に歴史を紐解いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

このことから、お寺は本来、僧が修行をする場所だったということがわかります。
師となるすぐれた僧の説法をきいたり、釈迦の説法集であるお経を読み、
瞑想などをして、自己を高めて悟りへ近づいていく場だったんですね。

ともすれば日本人はお寺をお墓の管理所のようにおもいがちですが、
お墓はむしろお寺にとって異質な存在といえるのです。
意外に思われるかもしれないですが、初期の仏教教団は僧が葬儀にかかわることも 禁じてさえいたんです。

現代のような形のお寺とお墓が結びつく形になったのは平安時代になってからなのです。
浄土信仰が流行したことも関係しますが、日本的な仏教が成立したという側面もあるかと考えられています。

つまり、死者供養を教えの実践ととらえて、供養の法要を布教の場とするのが 日本の仏教の考えなのです。

このような日本の仏教を葬式仏教と批判されることもありますが、 しかし、こうした仏教とともに日本人の心がはぐくまれてき、 そして、こうした寺院が日本の風景をつくってきたのですね!

お寺の基礎知識

一覧に戻る