パワースポット

パワースポットを知る

大満寺

大満寺

歴史

虚空蔵山大満寺は、今から800年位前、奥州藤原氏が創建したと伝えられている。平泉四十八鐘の一つは、実に当山に置かれたものであるが、維新前、藩の財政窮乏の犠牲となり消失したものであるとは古老の伝えるところである。仙台青葉城には、長泉寺、龍泉寺、光禅寺、玄光庵、大満寺の五ヶ寺があり、大満寺の虚空蔵堂が主塔であったので、此の城を『虚空蔵城』とか、『虚空蔵楯(館)』とか号した。国分能登守(こくぶのとのかみ)の居城となった時、それを千躰城と改めた。『伊達治家記録』によると、『城辺に千躰仏を社るが故に千躰城と号す』と記されている。その千躰仏とは、現在、虚空蔵堂に安置されていたものを指している。虚空蔵堂下の石段の中腹に千躰堂跡といわれる場所があるが、そのお堂が何年頃朽ちてしまったのかわからない。そのため、現在までは、千躰仏を虚空蔵堂の中に合祀していた。この千躰仏は、仙台市地名ゆかりの源である。慶長五年(1600年)、伊達政宗の時代になって千躰城は、千代城に変わったと封内風土記に記されている。その後、『仙臺城』と貞山公は、名を改められた。それは、唐詩選の中の、仙臺初めて見る五城楼で始まる『同題仙遊観』というの詩により『千代』の名は『仙臺』と政宗公によって変えられる。
大満寺
明治維新後、護持をいただいた伊達藩が、廃藩置県に会い、大満寺も、ために禄を失い檀家がないため、寺院運営にも支障をきたし、窮乏にあえいでいた。先代三十世金剛禅貞大和尚の時代(大正12年~昭和53年)、昭和7年、茅葺の小さな寺から、瓦屋根の立派な本堂と庫裡を再建した。この本堂、庫裡も昭和20年7月10日の仙台空襲で灰燼に帰した。戦後間もなく庫裡を再建し、34年に本堂を再々建した。昭和53年春、境内地一角に檀信徒会館金剛閣(三十世方丈昭和53年2月12日逝去により先住の法号を取って命名した。)並びに山門が建立された。
大満寺

御本尊

釈迦牟尼仏:お釈迦様
お寺の本堂迦藍の中心で心臓部にあたるご身体部・光背部・台座部にわかれており、台座の構成は、人間の生き方八聖道を守り生きぬいていくさまを表現。

詳しい寺社情報はこちら

一覧に戻る