お寺・神社のパワースポット

パワースポットを知る

總宮神社

總宮神社

由緒

今から1200年程前、坂上田村麻呂将軍東征の際、日本武尊の御神徳を追尊し、郷土の平和を祈念して赤崩山白鳥大明神をこの地に創建されました。 長井、伊達、蒲生、上杉と歴代の藩主を始め上下の信仰極めて厚く、とくに文禄2年(今から400年程前)米沢藩主蒲生郷44カ村の神社をこの地に合祭し、長井郷総鎮守として社号を「總宮」と改める事と成りました。元禄の頃は、「宮の明神参り」として社頭殷賑を極めました。現在は長井市の安寧と郷土の発展、治水を司る神として多くの信仰を集めています。
總宮神社

御祭神

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)

大巳尊命(オオナムチノミコト)

天児屋根命(アメノコヤネノミコト)

稲倉魂命(ウカノミタマノミコト)
總宮神社

ご利益

【水の神】
日本武尊が赤崩山に剣を立てて洪水を鎮めたと言う伝説にもあるように、治水、雨乞いなど水を司る神と言われております。長井の水、そして信仰の源なのです。

【厄除けの神】
合殿三神のご利益を頂き、古くから人の厄をよく祓う社として知られています。縁切り、八方除など様々な祈祷を行い、一月二月は年祝い、厄祓いの参拝者で境内が賑わいます。

詳しい寺社情報はこちら

一覧に戻る