新着写真ギャラリー

<登録件数 58件>
画像イメージ 菰野町の稲荷神社
稲荷神社三重県三重県三重郡菰野町大字宿野220番ノ2 2017/02/11
幸せを祈るこころ 
画像イメージ 永代供養墓個別墓
宣隆寺三重県鈴鹿市長太旭町2-3-38 2016/10/19
永代供養墓個別墓は、各戸別に埋葬できるお墓です。
お寺できちんと管理しますので安心です。 
画像イメージ 宣隆寺外観
宣隆寺三重県鈴鹿市長太旭町2-3-38 2016/10/18
真宗高田派 宣隆寺の沿革

初め天台宗の一草庵にしてその開基は能登の人、宝林坊という。
当地院釈寂静居士とあり、永正(1510年頃)以前の人というだけで年代定かならず。当寺第四世唯俊の記す寛文六年(1666年)の古誌によると真慧上人当地に御教化の時真宗に転じたりと、故に宝林の法輪を転じて山号となす。元和年間(1619年頃)専修寺堯圓上人より宣流寺の寺号を賜りしが、宝暦九年(1759年)の記録には専隆寺とある。

現在の宣隆寺となりしは、何時のころか定かではない。又当村の一角は、紀州藩に所属し現在1メートルの高さの紀伊大納言徳川内藏守の位牌を安置している。又遺品として横笛を伝え、当寺の家紋は矢違いなりしも徳川時代に三葉葵の家紋をつけた。
現在の堂宇は、天保年間(1837年頃)に再建したものときく。

高田の寺々より
 
画像イメージ 本堂内陣
宣隆寺三重県鈴鹿市長太旭町2-3-38 2016/10/18
真宗高田派のお仏壇は、金仏壇。宣隆寺の内陣も仏さまの世界を表現しています。つまり、迷いのない世界、お浄土です。 
画像イメージ 永代供養墓は、住職の手で
宣隆寺三重県鈴鹿市長太旭町2-3-38 2016/10/18
宣隆寺墓所ニルヴァーナの森のシンボル寝釈迦像は、現住職宣隆寺第十五世が4年の歳月をかけて完成いたしました。 
画像イメージ 大切な方をおまもりする永代供養墓のあるお寺 宣隆寺墓所 ニルヴァーナの森
宣隆寺三重県鈴鹿市長太旭町2-3-38 2016/10/18
宣隆寺墓所ニルヴァーナの森は新しいスタイルの墓地です。ニルヴァーナとは、サンスクリット語で「迷いのない世界・涅槃」という意味です。新規でお墓を購入の方やご事情でお墓の購入がままならない方、お墓まいりする身内や縁者がいない方、将来お墓を守っていけない方・・・理由にかかわらず宣隆寺が真宗高田派の教義に基づいてお参りし、寺で責任を持って管理、お花・お線香などお手入れもさせていただく新しいスタイルのお墓です。 
画像イメージ 迎春を迎えた、早田神社
早田神社三重県三重県尾鷲市早田町310番 2014/12/29
神社入り口に、早田神社の幟旗が、建てられています。
幟旗が、建つのは、年末年始か、例大祭(建国記念日)です。
 
画像イメージ 多度大社01
多度大社三重県三重県桑名市多度町多度1681 2012/04/03
 
画像イメージ 多度大社02
多度大社三重県三重県桑名市多度町多度1681 2012/04/03
 
画像イメージ 神武天皇・三輪明神 遥拝所
宇流富志祢神社三重県三重県名張市平尾3319番 2011/07/07
 
画像イメージ 境内社
宇流富志祢神社三重県三重県名張市平尾3319番 2011/07/07
白玉明神、愛宕神社、稲荷神社、護国神社、八坂神社、市杵島神社 
画像イメージ 八幡神社
宇流富志祢神社三重県三重県名張市平尾3319番 2011/07/07
 
画像イメージ 山ノ神
宇流富志祢神社三重県三重県名張市平尾3319番 2011/07/07
 
画像イメージ 山ノ神・山王権現
宇流富志祢神社三重県三重県名張市平尾3319番 2011/07/07
 
画像イメージ 興玉松尾神社(境内)
宇流富志祢神社三重県三重県名張市平尾3319番 2011/07/07
 
画像イメージ 拝殿
宇流富志祢神社三重県三重県名張市平尾3319番 2011/07/07
 
画像イメージ 境内の鹿(銅製)
宇流富志祢神社三重県三重県名張市平尾3319番 2011/07/07
 
画像イメージ 宇流冨志禰神社 解説文
宇流富志祢神社三重県三重県名張市平尾3319番 2011/07/07
 
画像イメージ 参道脇 地蔵
宇流富志祢神社三重県三重県名張市平尾3319番 2011/07/07
 
画像イメージ 二の鳥居
宇流富志祢神社三重県三重県名張市平尾3319番 2011/07/07
 
1 2 3