仏法紹隆寺(仏法紹隆寺)

  • 口コミ数0
  • 過去30日間のアクセス7
NowPrintring
仏法紹隆寺
宗派 高野山真言宗
本尊 薬師如来
住所 〒 392-0012
長野県諏訪市四賀4373
TEL 0266-52-2241
URL
入場情報 宝物殿・諏訪大明神本地普賢堂は拝観料300円

sponsored links

寺社の最新情報

只今、情報が登録されていません。

恋愛  お金・開運  仕事・学問  健康  家族・子供 

大同元年(806)征夷大将軍坂上田村麻呂開基・弘法大師草創と伝わる。 弘法大師により真言密教学問の道場とされ、信州教相談林の最初であり随一と言われておりました。また、開山当初は諏訪大社社務職を務め、諏訪高島藩時代には藩主の祈願寺となり、黒印50石、藩主守護聖天堂4石、旧社務職領16石、その他寺領を有する寺院でした。江戸時代中期には領内直末寺7ヵ寺、門徒6ヵ寺、領外にも末寺を有し結集は120人を数える田舎本山でした。現在でも、当山の法流を受け継ぐ者には「宥」の一字を僧名に入れることが慣例となっており多くの「宥」の字のお坊さんが活躍しております。

当山は1200年の歴史を有する古刹です。 名勝指定の庭園を有し、貴重な文化財を数多く保管しております。 鎌倉時代や室町時代などの古本類は1500点を数え、諏訪の歴史を記した古文書は3000点を超えます。また、室町時代の大曼荼羅や般若十六善神などをはじめ、狩野派の絵画など優れた仏教美術品もあり、近年では文化庁の松島氏により当山の不動明王像が運慶作である可能性が非常に高いといわれ注目されております。このほか、諏訪大明神本地普賢菩薩像を祀り、藩主守護仏大聖歓喜天も祀られております。藩主守護仏大聖歓喜天は大変功徳多き仏様で現在でもとだえることなくご祈願をしております。 近年では大正時代に焼失した開山堂を再建し、納骨堂・永代供養墓として墓地継承の不安解消にお役立ていただいております。

寺社からのメッセージ

春は桜、秋は大銀杏や楓の紅葉、季節毎に様相を変える名勝庭園などみどころ満載です。また、貴重な文化財も公開しております。 諏訪高島藩時代より続く大聖歓喜天の祈祷や不動護摩祈願なども行っております。

写真ギャラリー
ただいまギャラリーはありません。

写真をもっと見る