風間寺(かざまじ)

  • 口コミ数0
  • 過去30日間のアクセス12
風間寺
宗派 日蓮宗
本尊 久遠の本師釋迦牟尼佛
住所 〒 590-0912
大阪府堺市堺区並松町6
TEL 072-238-0133

sponsored links

寺社の最新情報

只今、情報が登録されていません。

恋愛  お金・開運  仕事・学問  健康  供養  家族・子供  厄除け 

●縁 起
当山は堺の地割奉行であった風間六右衛門尉源道喜居士 自刃の旧跡である。
 元和元年(1615)大阪夏の陣に灰燼に帰した堺の戦後復興の市街計画をするにあたり、
徳川幕府直轄の地割奉行として就任した風間六右衛門は堺の町割を碁盤の目の如く見事に完成し、
名奉行として名声が高かった。
 ところが、六右衛門の祖先は日蓮大聖人・六老僧の第一 日昭上人の俗弟子、
越後・信濃両国の大守 風間信濃守信昭といって、
日昭上人より「昭」の一字を賜る程の大信者であった。
 それ故に寺院の地割にあたっては「日蓮宗は鎮護国家の大宗教なり、
この大宗教を流布する道場拡張に助力するのは国恩報謝である、
天地に恥ずるところ更になし」という大信念のもと、
寺院の敷地割り当てについては断固たる処置をとった。
 然るに他宗僧俗の間に日蓮宗寺院に多くの敷地を与えたという不平が起こり、
遂に幕府へ直訴した。
 六右衛門は実直な人ゆえ、当時、汚職・賄賂が蔓延していた堺の権力者達からの反感をかい、
日蓮宗の熱心な信者であった事を理由に寺の地割の際に
日蓮宗の寺に広い土地を与えたという汚名をきせられたのである。
 幕府からは一風変わった召喚命令が出された。
三日間に出府せよ!という当事 江戸~堺は130余里にて、普通半月、早打でも7日を要したという。
 この出来ない幕命は暗に奉行の責任を諷して其の行為を追及しない意思であった。
 このような幕府召喚に六右衛門は法華経のために一身を捧げる覚悟を決めていたので直ちに輿に乗り、
上府を装うて堺の北の端、並松町(当事この辺りは刑場であった)に至り、輿の中で割腹自刃したのである。
 
 時に元和4年(1618)8月15日 寿47歳
      法号  不惜身命院殿道喜日妙大居士
 
 後に町の人々はその壮志を偲んでこの地に小堂を建て、風間堂と称し懇ろに供養し、
堂前の五輪塔と位牌も後世供養のため建立安置されている。
 昭和40年に並松山 風間寺と寺号公称し、現在に至っている。
 現在の風間堂は平成22年5月に不惜身命院殿道喜日妙大居士 第400遠忌で、
風間寺と風間寺檀信徒の手によって建立されたものである。


●真恍浄攝瑞法龍神さま
 風間様が堺の町の地割をする際、枕元に龍神さまが現れ、
地割をこうすれば堺は栄えるとのアイディア的なお告げがありました。
 風間様はお告げを参考に今の堺の町の基礎を造りました。
 お蔭で堺の町は自由都市として栄えたとされています。
 夢半ばで生涯をとじた風間様は龍神さまにおなりになり
今でも堺の町をご守護下さっています。
 以来、風間様を「真恍浄攝瑞法龍神(しんこうじょうしょうずいほうりゅうじん)」といいます。
またこの「真恍浄攝瑞法龍神」さまは様々な想いを叶えて下さる龍神さまとして崇められるようになりました。

只今、情報が登録されていません。

寺社からのメッセージ

只今、情報が登録されていません。

写真ギャラリー
ただいまギャラリーはありません。

写真をもっと見る