通玄院(つうげんいん)

  • 口コミ数0
  • 過去30日間のアクセス32
通玄院
宗派 臨済宗南禅寺派
本尊 十一面観世音菩薩
住所 〒 846-0012
佐賀県多久市東多久町別府5563
TEL 0952-76-2557
URL

sponsored links

寺社の最新情報

本堂再建中!!!

供養  イベント・その他 

1637年 島原の乱で多久より出兵の二千名のうち九十九名の死者の慰霊の為に二代目多久藩主茂辰公の勧奨により、円通寺第五十六世瑞岩慶順和尚を開山として1640年に供養碑が建てられ、通玄院が創建される。 1700年代(江戸時代中期)、に現在の別府三区公民館付近に存在したといわれる 禅喜山永福寺(ぜんきざん ようふくじ)が別府の大火で焼失し、再建不可能になったことにより永福寺の檀信徒を受け入れ今の通玄院となる。  また、境内の左奥には神社がある、ここに祀られる鎮守秋葉山大権現の縁起は今からさかのぼること約二百四十年前、通玄院第六世住職仁叟義和尚が勧奨し、その後第七世住職顕外蜜和尚が当時別府の町で火災が絶えず住民の苦しむ姿を見て遠州まで足を運び、秋葉山三尺坊大権現を分祀したといわれている。当山境内には遍照金剛が奥之院に祀られており、昭和末期まで当院を出発し市内をめぐり当院に帰ってきてお参りするといった巡礼が行われていた、また境内には江戸時代中期より様々な八十八か所巡りの札所として存在していた形跡があり特に84体ある石仏はそれぞれ88か所の本尊様がおかれ台番と寺院名が刻まれている。

臨済宗南禅寺派の寺院  境内入口には樹齢三百年ともいわれる大楠がお寺のシンボルとして根をおろしています 境内の左奥には火防せの神様として秋葉山三尺坊大権現が祀られています
平成24年度より計画されついに本年28年本堂再建がはじまります。
 

寺社からのメッセージ

現在本堂再建中に伴いブログ公開中! http://ameblo.jp/tsu-gen-in

写真ギャラリー

sponsored links

地図・アクセス
住所 〒 846-0012
佐賀県 多久市東多久町別府5563
TEL 0952-76-2557
交通手段
JR東多久駅より徒歩3分
長崎道 多久ICより車で5分