大寒と小寒

まず、始めに「二十四節気」を知ろう!

二十四節気
  • 立春
  • 雨水
  • 啓蟄
  • 春分
  • 清明
  • 穀雨
  • 立夏
  • 小満
  • 芒種
  • 夏至
  • 小暑
  • 大暑
  • 立秋
  • 処暑
  • 白露
  • 秋分
  • 寒露
  • 霜降
  • 立冬
  • 小雪
  • 大雪
  • 冬至
  • 小寒
  • 大寒

一般的な季節の区切りといえば、「春夏秋冬」の四季ですが、 一年を24つに区切る「二十四節気」という季節の数え方があるってごぞんじでしたか??

◆「二十四節気」とは??
黄道を黄経0度から15度ずつに刻み、太陽がその区分点を通る日付によって太陽年を24の期間に分けて、それぞれの期間の季節的な特徴を表す名称を付けたものです。

古来中国から伝来して、日本でも季節のさだめに重用されているんですね~。

その「二十四節気」のなかでも小寒と大寒は、一年の始まりになります。

大寒と小寒ってなに?

二十四節気が分かったと思いますので、大寒と小寒について勉強していきましょう!

◆小寒とは??
寒さが最も厳しくなる前とか、寒さが加わる頃という意味で使われます。
いわゆる『寒の入り』のことで、1月5日ごろが一般的に小寒といわれます。だいたい、小寒(1月5日)から寒中見舞いを出し始めますね~。

詳しく、説明しますと、
小寒(しょうかん)は、二十四節気の第23。十二月節(旧暦12月1日前後約半月)で、現在広まっている定気法では太陽黄経が285度のときで1月5日ごろ。
暦ではそれが起こる日ですけど、天文学ではその瞬間となるんです!恒気法では冬至から1/24年(約15.22日)後で1月6日ごろといった考えがありますよ~。

◆大寒とは??
小寒が終わって15日すると大寒に入ります。大寒後15日で、寒が明けるんですよ!小寒から節分までが寒の内と呼ばれているんですって! 寒の内とは一年の内で一番気候の寒い季節のことを言い、暦の上の寒の内が実際には気温の最も低い季節なんですよ~。
ちなみに、大寒(だいかん)は1月20日ごろなので、この日から立春までの期間を指すこともあります。
先程もご説明しましたが、大寒は『寒の内』の真ん中でもっとも寒い時期をあらわしますので、最低気温が観測されるのもこの頃が一番多くなっているんです!!
武道の世界では、この頃寒稽古が行われます。ゆくTVで空手家、柔道家やレスリングの選手が精神の鍛錬で海に入ったり、滝行したりしてますよね。
あと、、お酒、お味噌、凍り豆腐や寒天など寒気を利用した食物が仕込まれる時期ともいえますよね。
大寒と小寒 大寒と小寒 大寒と小寒

一覧に戻る