針供養

針供養って何??

針供養(はりくよう)は、折れた縫い針を供養し、近くの神社に収める行事のことをいいます。

主に針のご供養を執り行っている寺社は、淡島神社(粟島神社)または淡島神を祀る堂(淡島堂・粟島堂)がある寺院です 。

針供養は2月8日、もしくは12月8日に行われていて、関東地方や東北地方の一部地域では両日にご供養することもあるそうなんですが、ほとんどはどちらか一方の日に行われます!

昔から、関東地方では2月8日、関西地方や九州地方では12月8日に針供養を行うのが普通だったんですけど、大阪天満宮では2月8日、加太の淡嶋神社でも2月8日に、嵯峨の法輪寺 (京都市西京区)では12月8日と2月8日の両日に針供養が行われるたり、地域ごとにご供養の日時が決まっているわけじゃないんですね~

針供養

針をどうやって供養するの??

昔から、12月8日と2月8日は事八日と呼ばれていて、2月8日を事始め、12月8日を事納めとしていたんですって!

それで、2月8日から農耕を始めて、12月8日に農耕が終る日として習慣になっていたそうです。
そして、この両日はつつしみをもって過ごす日として、「針仕事を休みましょう」とされていたそうです。

針仕事を休め、折れた針を神社に納めたり、豆腐や蒟蒻のように柔らかいものに刺したりすることで供養し、裁縫の上達を祈ったり、土の中に埋めたり、針を刺した豆腐や蒟蒻を川や海に流して供養していたそうです!

この日は針に触れないようにするという風習があるので、富山県や石川県では針歳暮とも呼ばれています。

針歳暮には、饅頭や餡餅を食べたり知人に贈ったりしていたそうですよ~!

昔は、どの家庭も針を使っていたんですけど、今では針仕事をする家庭が少なくなってきて、家庭行事としては針供養はなくなりつつありますね。

でも、和裁・洋裁の分野では、針供養は未だに根付いていますし、和裁や洋裁の学校でもしっかりご供養しています。

皆さんも一度は学校の家庭科の時間に縫製をしたと思います。だから、針供養は憶えておいてくださね^-^

針供養 針供養

一覧に戻る