節分

節分の由来は??

2月3日は節分の日ですね。

ところで、皆さん、「節分」は元々、季節の移り変わる時の事を意味していて、立春・立夏・立秋・立冬の前日を指していたって知ってましたか??
だから、本当は節分って年に4回あるんですよ~。
そんな4回ある節分の中でも、立春が1年の初めと考えられることから特に重要視されるようになりました。
これが節分といえば春の行事と認識される由来ですね。
立春を新年に考えたら、節分は大晦日にあたりますよね。

だから、前の年の邪気を祓うという意味をこめて、追儺(ついな)の行事が行われていたんですよ!
追儺の代表的な行事の一つが「豆まき」です。

※追儺とは・・・
中国より伝わった悪鬼・疫癘(えきれい)を追い払う行事のことで、平安時代に陰陽師たちが大晦日の宮中で盛大に執り行っていました。
その後、全国の社寺でも執り行われていったんだそうです。

節分

何で節分に豆をまくの??

節分に豆まきをするのは、「追儺」のためと説明しましたが、ではなぜ、「豆」をまくか知ってますか??
豆ではなくて、石の方が悪鬼を退治できそうな気がしますよね!?
ではでは、なぜ節分に「豆」をまくようになったかを詳しく説明しますよ~。

節分に豆をまく習慣は、陰陽五行や、十干十二支という考え方が大きく関わっています!!
皆さんは、「鬼門」って聞いたことありますよね??
風水や家相などの東洋占星術で、よく使われる言葉で、一度は耳にしたことのある言葉だと思います。

ちなみに、一般的には北東にあたる方位が鬼門とされているんですよ~。
ではでは、なんで北東の方位が鬼門なのか知ってますか??

いろんな諸説があるのですけど、一番世間一般に広まっている説としては、古い時代の中国の「道教」の影響があると言われています。
冥府(死後の世界)の神として信仰されていた「秦山府君」が住んでいるとされていた山が北東にあったことから、冥府→北東→鬼門といわれています。

鬼門の方角は十二支でいうと、丑と寅の方角(うしとら)にあたります。
鬼の姿は牛の角が生え、トラのパンツを身に付けています。
ここで、丑というのは12月を、寅は1月を指します。なので、ちょうど12月から1月にかけての季節の節目に「鬼門」があるんですね~。

鬼門というのは、鬼の出入りする方角なので、昔の人々は、邪気を祓うことで、春が無事に迎えられると考えられていたんです!

そしてそして、ここで陰陽五行の法則が登場するんです!!
五行とは、自然の道理を木、火、土、金、水の五元素の事を表しています。
そして、この五行の中にある「金」というのが、硬いとか、厄病という意味を持っています。

鬼の象徴で鬼が金棒を持っているのもこの「金」の象徴ですよね。
この「金」の作用をなくす働きをもつのが、五行でいえば「火」に当るんです!

大豆は、とても硬いという意味をもっているので、五行の中では「金」に属します。「金」には鬼も属していますので、「豆」と「鬼」は同じ分類になります。

「豆は火で煎る」という行為は、「金を火で溶かす」といった「金」を壊すといった考え方が出来ますし、豆まきで外や内にこの大豆がばらまかれても結局、人間が食べてしまうので、鬼を退治することになりますよね。
また、豆をまく行為が、五行の中の「木」を助けるという意味を持っています。

「春の気を助ける」という意味は「春を呼ぶ行事」ともいえるので、節分に「豆」をまく習慣は、かなり考えられた行為だったんですね!!
う~ん、昔の人は色々と考えますね~。

ちなみに、一般的には豆まきは年男(その年の干支を持つ生まれの人)や、一家の主人が煎った大豆をまいて、家族は自分の歳の数だけ豆を食べるとその年は、病気にならず長生きすると言われていますよ~。
みなさんも、今年の節分はじゃんじゃん豆をまいちゃってくださ~い!!

節分

一覧に戻る