年越しそば

年越しそばの起源や由来ってなに?

師走にそばといえば、年越しそばにとどめをさすといっていいですよね。

江戸時代から定着した食習慣とされていて、いまも歳末の風物詩になっています。みなさんも年末といえば「年越しそば」ですよね~。

年越しそば

年越しそばは、大晦日の夜に行う年越しの行事を総称して年取り、またはお年取りということから「年(歳)取りそば」ともいうんですって!

知ってました!?

大晦日の夜に吉例として使われる塩ブリや塩ザケを「年取り魚」と呼ぶのと同じなんですよ~!

あと、大晦日の別称から「大年そば」「大つごもりそば」ともいいいます。
「つごもり」とは 「月ごもり」が詰まった言葉で、月の末の日の意味なんですよ!

ず~っと、昔から続く食習の起源で、その由来はっきりとしないことが多いんですが、大晦日の夜にそばを食べるという年越しそばも例外ではなく、いくつかの説が伝えられているんです。

そんないくつかの年越しそばの由来をご説明しちゃいますよ~♪

年越し蕎麦の由来とされる説は大きく分けて二つあります!!

まずは、1つめ!!
「細く長く達者に暮らせることを願う」という説。
これは、一般的に一番言われる由来ですよね。

みなさん、もちろん知ってましたよね~^-^

それでは、続いて、2つめの由来を説明しますね!

2つめの由来は~。
「蕎麦が切れやすいことから、一年間の苦労を切り捨て翌年に持ち越さないよう願った」という説ですね!
どうやら、後付けなんじゃないか!?とも言われてますけど、こちらも結構有名な由来なんですよね。

もちろん、みなさんは、知ってましたよね~^-^

年越しそば

あと、マニアックな由来としては、

「金銀細工師が散らかった金粉を集めるのにそば粉を使うために、金を集める縁起で始まった」という説。
※そば粉は水に溶けるため、そば粉を水で練り金粉に押し付けて金粉を集めて、水につけると、金粉だけが底に沈むので、そば粉が使わたんですって。

薬味のネギは、「ねぎらい祈る」また神職の「祢宜」の言葉に掛けているという説

鎌倉時代に博多にあったお寺で、年を越せない町民たちにそば餅を振る舞ったら、翌年からみんなの運が上向いたからという説。

風雨にどんだけさらされ倒れても、日が射せばすぐに起き上がる丈夫なそばのように!と、新年に向けて決意を新たにするという説。

新陳代謝の良いそばを食べて、すっきりした身体で新年を迎えるという説。
※これは、健康志向の現代になってからの由来ですね!!

年越しそばっていつ食べるの?

本来、大晦日はお正月の準備を終え、一晩中眠らずに年神様を迎える日なんです。
この夜に早く寝ると皺が増えるとか、白髪になるという言い伝えがあるんですって。

だから、夕食を普通に食べて、夜食として10~11時頃に食べてもいいし、夕食代わりに年越しそばを食べてもいいんですよ~。

そばの食べ方に決まりはありませんので、かけそばでも、ざるそばでも、海老天そばでもなんでもOKなんです!

ただ~、年を越してからそばを食べるのはとても縁起が悪いと言われるので、遅くとも12時までに食べ終わることが大事です。

夜中に初詣に行くなら、しっかりと年越しそば食べてから出かけましょうね。
年越しそば

年越しそばを今から準備しよう!

一覧に戻る