初午

初午って何??

二月の最初の午の日を初午といって、お稲荷を祭る稲荷祭りなんですよ~。
この日は全国各地の稲荷神社で「初午祭り」といわれる祭礼が行われます。
(ちなみに初午だけでなく、二の午・三の午と続けて祭礼を行う地方もあるんですよ~。)

初午の起源は、昔、初午の日に京都にある伏見稲荷大社の祭神「御食津神」が降臨したので、この日が稲荷祭りになっていわれています。(京都の伏見稲荷大社って有名ですよね!!)

伏見稲荷の縁起だと、初午の日を稲荷の縁日と決めたのは、祭神が伊奈利山の三箇峰に降臨したのが和嗣4年(711年)の二月の初午の日だったと記されています!

稲荷の名は「稲生り」から来たという説がありまして、「お稲荷様」は、食物の神や、農耕の神と位置付けられ、宇迦之御魂の神で、五穀をつかさどる農業神として崇められていました。

初午

何で初午に狐が崇められているの??

各地の農村では、初午の儀礼は「春耕作の初めに田んぼの神様を山から里にお迎えするという意味があり、今日も初午祭りとして全国に伝わっています。

昔の人々は、稲の実ったころに狐が山から降りてきて子狐を育てる親狐姿を見て、先駆けといった意味の「ミサキ、オサキ」と言って崇めるようになったことで、稲荷神社の神の使いが狐となり、狐を農耕の神様の使いとみなすようになったんですって。(だから、お稲荷様と狐が関連しているんですね!)

今では、真言密教や道教の呪術と結びつくようになって、狐が神様のお告げを伝える存在として、より一層信仰が盛んになっていますね。

よく、全国の町村の神社に狐が祭られていますし、企業の守り神として、または個人の屋敷神として祠がたくさん祭られるようになっているのを見たことありませんか??

狐を題材にした詞もありますし、全国には「狐塚」なんて塚もたくさんあるんですよ~。(狐って凄い動物だったんですね~)

皆さんも、初午の日に「正一位稲荷大明神」と書いた赤い峨を立てているのを見たら、お赤飯や油揚げ、団子などを供えて狐を祭ってあげましょう!
油揚げは狐の大好物とされているので、沢山油揚げをお供えすれば、きっと狐たちも喜びますよ^-^

初午 初午

初午の他にも干支に関連する「初」はあるの??

初午のほかにも、十二支に初をつけた祭事がありますのでご紹介しますね!

・初子(はつね)・・・正月、もしくはは11月の最初の子の日に子の日遊びが行われてます。
・初丑(はつうし)・・・夏の土用のうちの最初の丑の日・鰻を食べる風習があります。(土用の丑日)
・初寅(はつとら)・・・正月最初の寅の日に、毘沙門天に参詣する日です。
・初卯(はつう)・・・ 正月最初の卯の日に、初卯詣が行われるです。
・初辰(はつたつ)・・・正月最初の辰の日に、防災のまじないをする日です。
・初巳(はつみ)・・・ 正月最初の巳の日に、弁財天に参詣する日です。
・初申(はつざる)・・・旧暦の2月最初の申の日に春日神社の祭典が行われます。
・初酉(はつとり)・・・正月、もしくは11月の最初の酉の日に浅草鷲神社の祭礼が行われます。
・初亥(はつい)・・・正月最初の亥の日に摩利支天に参詣する日です。

一覧に戻る